豆乳蕎麦湯寒天の黒蜜柿寒天

  • 豆乳蕎麦湯寒天の黒蜜柿寒天

黒蜜寒天を作ってみました。蕎麦をよく食べるので、蕎麦湯に寒天を入れて固まらせるようにしていて、今回は豆乳を入れたものも使ってみました。柿も美味しいですね。秋は美味しい果物がたくさんです。

黒蜜は、多分甜菜糖でもできるのかな?というところで、黒糖で作るか甜菜糖で作るか迷ったのですが、甜菜糖の袋が大きかったので使いきれないように思い(いつも甘みをつける時は全部甘酒を使っているので他は家に置いて無いので)、今回黒糖を買って作ってみました。

砂糖はヴィーガンとしては気をつけないといけないのですが(白砂糖など、多くの砂糖は精製の過程で牛骨粉などが使われているそうなのと、マクロビ的な考え方でも体を冷やすなどあるようですので、使わないようにしています)、加工食品などは砂糖が使われてるケースが多く、砂糖と言っても「甜菜糖」などと明記されていなければ(甜菜糖は大丈夫)、ほぼ白砂糖や三温糖、中ざら糖などなのかな?というところで、ヴィーガンとしては今のところ、加工品は買えるものが少ないです。
[リンク] 白砂糖はなぜ避けるべきか
[リンク] 砂糖の食性と取り扱い

できるだけ身近なお店で買い物を済ませたいとか、倹約家なのでできるだけお金をかけないようにしたいとか思ってしまうのですが、たまに、少しだけ金額が高くなっても、ネットや専門店などでヴィーガン仕様の商品などを買ってみるようにしてみようかな、と最近思い始めました。買う人が増えると、商品や取り扱うお店も増えて、やがて身近なお店でも買えるようになるかもしれないですしね。ヴィーガンのパンなどから買ってみようかな。

何となくモリンガ茶をいれましたが、栄養が多いので、もしかしたら飲み過ぎもあまり良くないのかも?とも思いますので、今後は一日一杯くらいにしたいと思います。

下準備

蕎麦湯に寒天を入れて溶かす(その前に水に浸していると溶けやすいそうですが、私はそのままちぎって入れて火を通してかき混ぜて溶かしています)。寒天を溶かした蕎麦湯を器の3分の1くらい入れ、豆乳を追加して混ぜる(豆乳の割合が多くなればなるほど、固まりにくくなります。少し柔らかい寒天になりました)。冷やして固める。蕎麦湯は蕎麦粉と塩だけでできた十割蕎麦を茹でた後の蕎麦湯を使っています。

豆乳蕎麦湯寒天の黒蜜柿寒天

柿を切って器に盛る。豆乳蕎麦湯寒天を花型でくりぬいて器に盛る。黒糖の1つ塊を少量の水(大匙1弱くらい)と一緒にフライパンにかけ、溶かし、先ほどの器に盛った柿と寒天にかける。