おでんとアボカドのなめろうなど

  • おでん
  • アボカドのなめろう
  • ひじきの煮物のピーマンあえ
  • 大根の糠漬け
  • キャベツの塩麴漬け
  • 干して炒ったカボチャの種
  • 冷奴
  • 南部美人
  • トマトジュース

涼しくなってきたので、ちょっとおでんを食べたいな、と思っておでんを作ってみました。植物性の材料だけで十分美味しくできました。がんもどきはヴィーガンOKの商品の割合が多かったです。鰹エキスとかアミノ酸とか入っているものが大半なのかな?と思っていたので意外でしたが嬉しかったです。大根はもう少し味が染みてから食べます。

お酒を飲む時の献立っぽく作ってみようと思ったので、全体的に少し濃い味のもの多めにしてみたのですが、なめろうなどあるので、キャベツは塩麴漬けにせずに生の方が良かったかもと思いました。お酒はこの前買った南部美人さんがなくなるまで、週に一日グラス一杯くらいのペースにしようかな、と思います。美味しいのですが、ずっと飲んでいなかったこともあってか、お酒を飲むとすぐ眠くなってしまうので。笑。

お酒飲む時にトマトジュースを飲むとアルコールの分解を助けてくれて良いというのは以前から知っていて、食べる前に飲みました。実は、伊藤園さんが動物実験をしていないと知って、伊藤園さんのトマトジュースを買おうと思ったのですが、ペットボトルの分しか見つけられなかったので、缶の方が良いかなと思い、自然食品のお店で今回のトマトジュースを見つけて買いました。とても美味しかったです。

ただ、缶でもできるだけゴミを出さないように考えた方が良いかな?というところで、次回はトマトを買って冷やしトマトにしようかなと思います。トマトジュースを買う時は、選択肢があれば瓶か缶が良いのかな?あるいはストローがついていない紙パックとか?もう少し勉強しなければ。

何か商品を買う時、包装などプラスチックで溢れていて、なかなか完璧にはできないけど、SNSのみなさんの投稿にも刺激を受けて、金額だけで考えて1円でも安いものを買うのではなく、高いから買わないということはあるかもしれないけど、買うのだったらそういう部分も考えて、できるところから少しずつやっていこうと思います。

カボチャの種は食べるのは結構大変ですけど、美味しかったです。栄養や効能も多いようですので、カボチャを食べる時は今後も種を干すようにしたいと思います。

インスタの2枚目の写真にレモン汁と甘酒を入れ忘れました。

下準備

昆布と干し椎茸で水出ししておく。かぼちゃの種を洗って数日干しておく。がんもどき、厚揚げ、油揚げは熱湯をかけて油抜きしておく。かんぴょうは軽く茹でておく。大根とじゃがいもは下茹でしておく。キャベツを切って塩麴に漬けておく。

おでん

下記を参考にしました。
[リンク] 精進おでん【ヴィーガン】

水出しに使った昆布は細長く切って結ぶ。油揚げを半分に切って袋にして、中に餅を入れてかんぴょうで結ぶ。糸こんにゃくは結ぶ。具材を入れて、塩と醤油を少しと昆布と干し椎茸の出汁と水を追加して煮込む。

アボカドのなめろう

下記を参考にしました。
[リンク] ごはんのお供にも使える!アボカドのなめろう風

砂糖は使わず、甘酒を使っています。

ひじきの煮物のピーマンあえ

ピーマンを小さく刻み、米油で炒める。昨日の残りのひじきの煮物を加えてさっと炒めて器に盛る。

大根の糠漬け

食べる直前にぬか床から出して切って器に盛り、えごま油をかける。

キャベツの塩麴漬け

塩麴に漬けたキャベツを器に盛り、海苔をのせる。

干して炒ったカボチャの種

カボチャの種を洗って数日干す。食べる時にフライパンで炒って、食べる時に歯で割って中身を食べる。

冷奴

豆腐を器に盛ってえごま油をかけ、胡麻を擦ってかける。

南部美人

南部美人をグラスに注ぐ。

トマトジュース

トマトジュースをコップに注ぐ。