ベランダや室内での家庭菜園を始めました。

福岡正信さんの本を読んで、自然農に興味を持ちました。 自然は人間が何かしなくても、全部用意してくれているんだなぁ、凄いなぁ、と。

日本は食料自給率が低く、種子法が廃止され、種苗法の自家採種を禁止するという流れで今法改正が進んでいるようです。 既に日本の野菜のほとんどは、F1種といって、子孫が残せない種なのだそうで、遺伝子組み換えやゲノム編集の作物もどんどん生活に入ってきていて、 いつか、安全で美味しい野菜を食べることができなくなってしまうのではないかと不安に思っています。

「たねの支配を、許してはならない」―環境活動家ヴァンダナ・シヴァ博士
種苗法改正で国家100年の計を過つ事なかれ/山田正彦氏(元農林水産大臣、弁護士)

それで、自分で日本に昔からある子孫が残せる伝統野菜(在来種・固定種)を育てて、身近に農のある暮らしをして、もっと興味を持っていくことにしました。

普段は、楽天か食べチョクか自然食品のお店で、自然栽培か有機栽培の野菜を買うようにしています。 とても美味しいですし、環境にも体にも良いと思うので、オススメです。

栽培日記

2020.04.15
ベランダの大浦太ゴボウの芽が出ました。

2020.04.14
缶で育てている青しそ大葉、かなり発芽しています。

2020.04.11
金町小カブ、育っています。

2020.04.07
ベランダ菜園の「金町小カブ」の芽が出ました。かわいいし、嬉しいです。他はまだですが、毎朝芽が出ているか見るのが楽しみです。

2020.04.05
新たに伝統野菜の種をいくつか買いました。青しそ大葉だけ、空き缶に蒔きました(再利用できると、気持ち的にも罪悪感が減らせて良い感じです、最終的なゴミが減ったわけでは無いですが)。空き缶の底に缶切りで小さな穴をいくつかあけて、炭、培養土を入れて、半日ほど水に浸していた種を植えました。青しそ大葉はしばらく室内で育ててみようと思います。

2020.04.03
ベランダで種蒔きしました。

2020.03.30
伝統野菜の種を買いました。